【復興×エールプロジェクト】第2弾として、木更津市の焼き鳥店yakitori Roofと君津市の養蜂農家BeeConcierge の烏山椒(からすざんしょう)の単花蜜を使用した新メニュー「花味鶏(はなあじどり)~烏山椒の単花蜜をジャー クチキンにかけて~」を販売開始いたします。 yakitori Roof は、2006 年の開業以来、新鮮な若鶏を余すことなく使用した多様な鶏料理が人気のお店ですが、去年 の台風以後、地域消費の冷え込みや観光客の減少により、予約が大幅に減少するなどの打撃を受けました。そのようななか、【復興×エールプロジェクト】の企画趣旨に賛同し、同じく台風被害を受けた生産者と共に立ち上がるべく、養蜂農家Bee concierge との連携による商品開発を実施しました。そうして生まれた新メニューが、ジャマイカの郷土料理であるジャークチキンに、烏山椒から採蜜された単花蜜(生はちみつ)をかけた「花味鶏(はなあじどり)」です。

復興×エールプロジェクト第2弾 「花味鶏(はなあじどり)」

完全手さばきで提供する鶏肉

「鶏肉はおろしたてが一番うまい」ことを知っているRoof では、新鮮な若鳥を一羽丸ごと仕入れ、おろしたてを完全手さばきでご提供することで肉汁たっぷりの焼き鳥をご提供しています。仕入れた鶏は焼き鳥、鳥刺し、鳥スープ等、あらゆる料理で提供することで余すことなく使用しています。なかでもおすすめは、焼き鳥のコースで、備⾧炭で繊細に焼いた焼き鳥を一本ずつ最適な温度で提供し、他店では味わうことのできない希少部位もお出ししています。 2019 年の台風15 号では、⾧期にわたる宴会のキャンセル等による被害を受けましたが、現在は営業を再開して おります。

君津市で単花蜜の製造に取り組む

Bee concierge はミツバチに向き合う日々のなかで、単花蜜にその魅力を見出してきました。一般的にはちみ つは様々な花の蜜が混ざることで「百花蜜」となりますが、花ごとに開花する時期を正確に把握し、限られた期 間内に採蜜することで、単一の種類の花からなる「単花蜜」が出来上がります。Bee concierge は花それぞれの 味がわかる単花蜜にこだわった養蜂を続けています。