明復興×エールプロジェクトの第一弾「花味たれかつ丼」は、2020年1月4日より販売が開始されました。

木更津市で100年以上続く老舗「宝家」が、木更津市唯一の養豚場「平野養豚場」とコラボ。

旨味たっぷりのとんかつに秘伝のたれで味付け揚げた後、市原市で養蜂を営む

「ワンドロップファーム」の百花 蜜をかけていただきます。

復興×エールプロジェクト第1弾 「花味たれかつ丼」

木更津で100年以上続く老舗料理店

明治時代に創業し、以来100年を超える老舗として木更津を代表する店舗として愛され続けてきました。あさり料理や江戸前の金塊魚介類を中心としたメニューは、多くのお客様にご好評をいただいております。東京湾でとれた新鮮な魚介と、とれたて産直野菜の旬の味覚をご堪能いただけます。

市原市で国産はちみつを生産する

ワンドロップファームは、市原市でハチミツと有機野菜をつくっています。市原市に広がる200haに及ぶ、耕作放棄地だった森を再生しながら、ミツバチと野菜の生命力を引き出す農業を行っています。ミツバチが近隣の花から採取してきたハチミツを完全非加熱で加工した百花蜜は、四季折々で風味が変化する逸品です。

木更津市唯一の養豚場

平野養豚場は木更津唯一の養豚場です。昭和48年からSPF豚の飼育を始めました。現在は三代目が奥さんとお母様と3人で養豚業を営んでいます。平野養豚場で飼育しているSPF豚は、良質なエサで本当に健康に育てられた豚。柔らかい肉質と甘い脂が特長で、多くの方にご好評をいただいています。